萩原ホーム株式会社

佐賀県の不動産情報 リフォーム・住宅・マンション・土地のご相談は萩原ホームへ 

TEL 0952-20-2360
ご相談・お見積
無料!


設計事務所
萩原ホーム設計事務所

こだわりの未来へ広がる、フリー設計!

『丈夫で長持ち住宅』 『楽しさと驚きの建築空間』
『機能的で使いやすい』  『それぞれの家族に最適なすまい』 
バランスが取れ、住む人に愛着のわく、
住まいの設計を目指す建築設計事務所です。


「快適さ」は住む人によって多様です。
自然の風を好む方もいれば、しっかりと冷暖房が効いていることを重視される方もいます。
自然素材の好きな方もいれば、掃除のしやすさを考える方もいます。

何があなたに大切ですか?あなたにとっての快適さを、一緒に考えて行きましょう。

そもそも、設計事務所はどんな仕事をしているのでしょうか。
建築過程でおこなわれる設計事務所の2大役割以下の2つです。

『設計業務』・・・設計図面を描く
『監理業務』・・・図面の通りに施工されているかをチェックする

設計業務は工事をおこなうのに不可欠ですから、家を建築するときには必ず設計者が関わります。ただし、監理業務については、必ずしも行われるとは限りません。
それでは、ケースによる設計者の家づくりへの関わり方とその役割をみてみましょう。 



 工務店主導で家づくりが進められます。
通常「監理業務」を行わないため、 客観的な立場がないので施主と工務店の信頼関係は不可欠です。
 
設計者は、工務店を通じて施主の要望する図面を作成します。
一般に監理は行われません。
 



 メーカー主導のもと、規定のルール
(工法・材料など)にもとづいて家づくりがおこなわれます。施主と営業担当者が打合せをしながら
計画を進め、
メーカーに属する設計担当者もしくは下請けの設計事務所などが設計図面をおこします。
一般に、監理は行われません。
 


 設計事務所主導で家づくりが進められます。 施主と設計者が直接接点をもち、話し合いを重ねながら設計図面を創り上げます。
できあがった設計図面を基に、純粋にほしい家を追求することができます。
工事期間中は、設計者が監理業務をおこないます。
 

 萩原ホームでは、建築設計から施工また管理までを、
すべて自社で行うために、お施主様の考えたとおりの、
家つくりができます。


工事監理
業者の選定から始まり、値段の交渉、竣工までの工事監理、
出来上がった後のメンテナンスのご相談まで含めて、一貫してやらせていただきます。

萩原ホームの施工例です

 
佐賀市巨瀬町 H邸 延床面積170m2
 
多久市 M邸 延床面積200m2
 
大町町 K邸 延床面積160m2
 
多久市 M邸 延床面積150m2

この他に多数施工例有りますので
施工例を見られたいお客様はお気軽にお電話下さい。

0952-20-2360